よもぎ蒸しの一番の効果は、よもぎ蒸しを受けた日の夜がグッスリ眠れること。熟睡するためには体温が下がらず、高いままに維持されていることが重要とされています。よもぎ蒸しを受けた後は、0.5度ぐらい平常よりも体温が高くなるようです。この効果は通常2,3日間維持されると言われています(個人差があり、長い人は1週間以上にも及ぶことがあります)。よもぎ蒸しを受けた後の注意事項の一つは、熟睡し過ぎて、翌朝寝坊、遅刻をしやすくなること。そこで早めに就寝されることを勧めています。

よもぎ蒸しを受けた後、リフレッシュした気分になります。これは単に血流が活発になり、体温が上がったからだけではないようです。よもぎの葉にはシネオールが含まれています。このシネオールは気持ちをリラックスさせる鎮静効果があるのですが、この効果が大きいとも言われています。よもぎ蒸しで気持ちが治まり、リラックスする。よもぎ蒸しで十分に自律神経の調整ができてしまうのです。日頃ストレスを感じている方は、是非よもぎ蒸しを受けていただきたいと思っています。

よもぎ蒸しを受ける時間は平均30分以上。その間読書をしたり、音楽を聴かれたり、スマホをいじってい過ごす方が多いのですが、私たちは15分間の瞑想をお勧めしています。瞑想というとなんやら難しそうに思われますが、簡単には目をつむって。自分の意識を自分の呼吸に合わせるだけ、他は一切考えないようにすることが第一歩。慣れてくれば呼吸にも意識することなく、何も考えないで時間を過ごすことができます。せっかくお越しいただき、貴重な時間を日頃なかなかできない瞑想などの時間に充てて、リフレッシュして欲しいと思っています。