リタでは、よもぎ蒸し(よもぎハーブ蒸し)を施術の基本としています。
なぜよもぎ蒸しにこだわるのか、その理由を最初にお話ししましょう。

    ー 目 次 ー
  1, よもぎ蒸しとは?
  2, どうやって受けるの?
  3, どう体にイイの?
  4, FAQ(よくある質問)

リタでは、よもぎ蒸し(よもぎハーブ蒸し)を施術の基本としています。
なぜよもぎ蒸しにこだわるのか、その理由などをお話ししましょう。

よもぎハーブ蒸しとは?
古代インド、テントの中でハーブを炊き、その蒸気を浴びると体によいとされ、ハーブテントの習慣が始まったと言われています。これがタイ、中国を経て、韓国に渡り、よもぎ蒸しとして発展しました。今では素晴らしい女性の健康法として世界中で愛用されています。
どうやって受けるの?

ご利用マニュアル

↓スタッフが体調などをうかがいます
↓その日の体調・気分でハーブブレンドを選びます
↓よもぎ蒸しルームへ移動して、マントにお着替え
 (別途100円で紙ショーツをご用意しています)
↓スタッフが温浴椅子にハーブをセットします。これで準備は完了です。

↓温浴椅子にマントをかぶせながら座ります
↓5分経過:汗がじわじわ出はじめます
↓10分経過:手足の先から温まってくるのを感じます
↓20分経過:体が内側からポカポカしてきます
↓もう十分と思うまで最長40分よもぎ蒸しを受けられます。
 (ハーブは20分程度で十分体に浸透します)
 よろしければ最後の5分はマントの中に頭まで入って
 お顔や髪までハーブの蒸気を浴びてください
↓(オプション)さらに20分延長も可能です。スタッフにお尋ね下さい。
↓終わったらタオルで汗をおさえて、お着替え
↓お化粧を整えたら、薬草茶を飲みながらリラックスしてください

よもぎとハーブ、4種のブレンド

あったか
冷えのきつい方、温める力の弱い方に。
よもぎ、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、
紅花(ベニバナ)、陳皮(チンピ)、薄荷(ハッカ)
枸杞子(クコシ)、鶏血藤(ケイケットウ)、
大棗(タイソウ)、杜仲葉(トチュウヨウ)

リラックス
すっきり感を味わいたい方、
ストレスたまり気味の方、
気持ちが晴れない方に。
よもぎ、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、
紅花(ベニバナ)、陳皮(チンピ)、薄荷(ハッカ)
枳殻(キコク)、蝦夷五加(エゾウコギ)

デトックス
冷え性で、水太りやむくみが激しい方。
特に下半身太りで悩まれている方に。
よもぎ、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、
紅花(ベニバナ)、陳皮(チンピ)、薄荷(ハッカ)
金銭草(キンセンソウ)、車前草(オオバコ)

美肌
リラックスしたい、
美容面も重視したい方に。
よもぎ、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、
紅花(ベニバナ)、陳皮(チンピ)、薄荷(ハッカ)
ローズヒップ、柿葉(カキノハ)、鳩麦(ハトムギ)

効能(基本的な考え方)

基本的な考え方

リタのよもぎ蒸しは、ハーブをブレンドしたヨモギを鍋で煮まして、その蒸気を体で浴びるスチーム浴です。
蒸気に含まれる、ヨモギをはじめとする様々なハーブの有効成分が体の粘膜から血流の中に取り込まれ、全身を巡ります。この有効成分は粘膜を通してだけ体内に吸収されます。粘膜以外の皮膚からは、ほぼ吸収されません。そのため、このように粘膜部分に蒸気を当てるような設備が必要になるのです。
よもぎ蒸しの効果ですが、まず、よもぎやハーブに含まれる有効成分が血流に取り込まれることで、血液の循環をよくし、体の隅々まで体液が流れるようになります。このことで身体中の細胞が活性化し、代謝が良くなって、体温が上昇します。
単に熱で体を温めるだけでなく、取り込まれた成分によって血液循環が良くなり、身体中に栄養分などが行き渡り、細胞が活性化することで体が温まる、このようにリタでは考えています。
入浴やサウナ、岩盤浴なども体を温めますが、その効果は一時的なものです。しかし、このよもぎ蒸しは、有効成分が体の中に取り込まれることで、体を温める効果が入浴後も持続する点で、他の温浴と大きく異なります。
よもぎ蒸しは、持続的に血流を促進し、身体中の代謝を上げ、体を温めます。その効果は人によって異なりますが、数日から長いと一週間以上も持続します。繰り返しよもぎ蒸しを利用すれば、その効果はさらに長く続くようになり、温まった体で体質改善がなされます。

効能(症例別)

温まった体は様々な効果をもたらします。
子宮関連
⑴その顕著な例の一つが妊活です。赤ちゃんができやすい体へと変化していくのです。
⑵生理不順が治ったという方もたくさんいらっしゃいます。
⑶出産後の子宮の機能回復にも大きく効果があるという報告もあります。
冷え、むくみ
⑷冷えが気になるという方にとっては当然大きな効果をもたらします。
⑸むくみが気になる方も、血流がよくなることで改善されたという例が多く報告されています。
リラックス、睡眠
⑹温まった体は、気持ちをリラックスさせ、よく眠れるようになったという報告もたくさん聞きます。
⑺リラックスしたことでいろいろな物事が前向きに考えられるようになったという例も数多くあります。
美肌、デトックス、感染予防、殺菌効果
⑻温まった体に、よもぎ、ハーブはデトックス効果もありますので、老廃物の排出を促し、新陳代謝を促進します。そのことで新しいお肌の再生サイクルが早まり、美肌効果があります。
⑼温まった体は免疫力をアップしますので、ウイルスや細菌からの感染などに効果的です。
(10)よもぎハーブの蒸気そのものには殺菌効果もありますので、お肌のお手入れにも最適です。
ダイエット、運動
(11)常に温まっている体は、基礎代謝のアップによるダイエットに効果があるだけでなく、ストレッチなどが容易になり、運動機能を高めます。ヨガをされている方などはよもぎ蒸しを利用されることでホットヨガ以上の効果をもたらすでしょう。
まとめ
たくさんお話ししすぎて、覚えきれないとお感じになられているかもしれませんが、このことだけ覚えておいてください。
このよもぎハーブ蒸しで、血行がよくなり、温まった体に変化します。
この温まった状態は、単に一時的に温めたものでなく、温浴後も持続します。
この温まった状態が様々な体質の変化をもたらします。
正直に申し上げて、よもぎ蒸しはいいことづくめなのです。そのため皆さんには是非このよもぎ蒸しを生活の習慣の中に組み入れていただきたいと私たちは思っています。

FAQ(よくある質問)
現在作成中です。しばらくお待ちください。

よもぎ蒸しを受ける上で留意することはありますか?

以下がリタのご利用規約です。該当する場合はご利用いただくことができませんのでご注意ください。

ご利用規約

大変に申し訳ありませんが、以下に該当される方は当サロンをご利用いただくことご遠慮ください。
• 生理中の方
• よもぎやハーブなどにアレルギーの方
• 以下のハーブのアレルギーがないかをお確かめの上ご利用ください。
• よもぎ、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、紅花(ベニバナ)、陳皮(チンピ)、薄荷(ハッカ)、枸杞子(クコシ)、鶏血藤(ケイケットウ)、大棗(タイソウ)、杜仲葉(トチュウヨウ)、ローズヒップ、柿葉(カキノハ)、鳩麦(ハトムギ)、枳殻(キコク)、蝦夷五加(エゾウコギ)、金銭草(キンセンソウ)、車前草(オオバコ)
• 通院中の方、ご持病をお持ちの方は、医師の許可を得てご利用下さい。
• ペースメーカーを使用中の方
• 運動、体を温めることを止められている方
• 感染症にかかっている可能性のある方
• 発熱している方
• 泥酔している方
• 外傷のある方
• 手術後間もない方
• 骨粗鬆症の方
また、以下の方はご相談ください。
• 妊娠中の方(安定期まではご遠慮ください、安定期以降はむしろよもぎ蒸しは推奨されます)
• アトピー性皮膚炎の方
• 過去に大きな怪我、病気をされた方、現在通院の方
• 静脈瘤のある方
• 足にトラブル(水虫、切り傷、擦り傷)のある方